トップ  >  学内戦  >  2017/2/14・2/15・2/16 アットホームカップ日本大学学内戦 IN 大井ふ頭中央海浜公園 第二球技場

試合結果

2017/2/14・2/15・2/16 アットホームカップ日本大学学内戦 IN 大井ふ頭中央海浜公園 第二球技場
決勝トーナメント
決勝トーナメントは、予選各グループ1位の3チームに、各グループ2位のうち成績上位の1チームを加えた4チームにて行います。
決勝トーナメント表
決勝トーナメントの試合時間は、30-5-30分となります。

予選リーグ
第1グループ
  チーム名 勝点 得点 失点 得失点差 順位
スポーツ科学部サッカー部 B  
0-0

0-3
0 1 1 1 0 3 -3 2
文理学部サッカー同好会
0-0
 
0-4
0 1 1 1 0 4 -4 3
法学部サッカー部
3-0

4-0
  2 0 0 6 7 0 7 1
第2グループ
  チーム名 勝点 得点 失点 得失点差 順位
生物資源科学部Cavaliere  
0-3

0-2
0 0 2 0 0 5 -5 3
理工学部サッカー部
3-0
 
1-1
1 1 0 4 4 1 3 1
教育サッカーBAMBINO A
2-0

1-1
  1 1 0 4 3 1 2 2
第3グループ
  チーム名 勝点 得点 失点 得失点差 順位
生産工学部サッカー部  
0-2

1-3
0 0 2 0 1 5 -4 3
教育サッカーBAMBINO B
2-0
 
4-0
2 0 0 6 6 0 6 1
スポーツ科学部サッカー部 A
3-1

0-4
  1 0 1 3 3 5 -2 2
2月14日(火)タイムスケジュール 場所:大井ふ頭 中央海浜公園第二球技場
試合 開始時間   組み合わせ   副審
9:00〜 施設利用開始
10:00〜 スポ科B vs 文理 Cavaliere
11:00〜 Cavaliere vs 理工 文理
12:00〜 スポ科B vs 法学部 BAMBINO A
13:00〜 Cavaliere vs BAMBINO A スポ科B
14:00〜 文理 vs 法学部 理工
15:00〜 理工 vs BAMBINO A 法学部
2月15日(水)タイムスケジュール 場所:大井ふ頭 中央海浜公園第二球技場
試合 開始時間   組み合わせ   副審
9:00〜 施設利用開始
11:00〜 生産工 vs BAMBINO B スポ科A
12:00〜 空き時間
13:00〜 生産工 vs スポ科A BAMBINO B
14:00〜 空き時間
15:00〜 BAMBINO B vs スポ科A 生産工
2月16日(木)タイムスケジュール 場所:大井ふ頭 中央海浜公園第二球技場
試合 開始時間   組み合わせ   副審
9:00〜 施設利用開始
準決勝① 10:00〜 vs ウ・エより各1名
準決勝② 11:10〜 vs ア・イより各1名
12:15〜 空き時間
13:00〜 ①の敗者 vs ②の敗者 A⑤より各1名
決勝戦⑤ 14:00〜 ①の勝者 vs ②の勝者 大会本部
決勝戦戦評
2017年日本大学学内戦の決勝は法学部サッカー部と教育サッカーBAMBINO Bの戦いとなった。
序盤は日法がペースを握ることとなった。まずは1分。日法47番河村が右サイドをドリブルで駆け抜け、抜け出しオープニングシュートを打つも、枠から大きく外れた。
3分日法はペナルティエリア付近でフリーキックを獲得する。キッカーは18番小林。しかし、キーパー正面に終わる。
9分BAMBINO67番松原からのパスを受けた11番甲賀が左サイドを突破しシュートを放つも枠を捉えられず。
15分BAMBINO73番野々村の弾道のロングパスが日法6番渡邉の頭を越し、裏に抜け出したBAMBINO7番小林がダイレクトシュートを打ちゴール左隅に決める。
BAMBINOが先制点をあげる。しかし直後の19分、ディフェンスからのパスを受けた日法16番諸井が華麗なターンから振り向きざまにミドルシュートを放ち、これがゴールとなる。
試合は振り出しに戻り、カウンターの打ちあいで前半終了。1-1で迎えた35分BAMBINO11番甲賀左サイドフリーでボールを受け取るも、ディフェンス2人に挟まれチャンスを生かせず。
37分またも日法16番諸井がミドルシュートを打つも惜しくもポストに阻まれる。その後も立て続けに攻める日法は45分、日法4番高橋からのパスを受けた16番諸井が正面からシュートをうつも枠左に外れる。
すると53分日法右サイド4番高橋が右サイドを駆け抜けセンタリングを上げ、受けた10番福井が7番片岡にパス。
落ち着いてこれをゴール右隅に押し込み、日法逆転。54分ペナルティエリアすぐ手前からフリーキックを得た日法。またも16番諸井が打つも、惜しくも右上に外す。
終盤BAMBINOは猛攻を仕掛けるも日法最後までしのぐ。ここで試合終了。今年度2番目にアットホームカップ本大会出場権を獲得した。
細かいパスからの攻撃が魅力の日法、本大会での躍進を祈る。
▶ 決勝戦公式記録
優勝
法学部サッカー部

【コメント】
3大会連続のアットホームカップ本戦出場ということで、本戦でも去年以上に結果を残せるよう頑張りたいです。
今では、グループステージで2年連続惜しい結果で上がれなかったので、先輩たちを超える成績を残したいです。
準優勝
BAMBINO B
ベストイレブン
1GK 佐藤皐 (BAMBINO A)
2DF 斉藤亮輔 (BAMBINO A)
3DF 菅井祥大 (BAMBINO B)
4DF 渡邊克幸 (日法)
5MF 上別府享 (BAMBINO A)
6MF 諸井悠里 (日法)
7MF 荏原諒 (BAMBINO B)
8MF 中村駿介 (日法)
9FW 上野智也 (日大理工)
10FW 片岡佑介 (日法)
11FW 増田伸 (日大理工)
  • アットホームカップ
  • アットホームカップ
  • F5WC
  • 一般財団法人 全日本大学サッカー連盟
  • JFAフットサルエンジョイ大会 ENJOY5
  • スポーツマネジメント