トップ  >  学内戦  >  2017/8/6(日)~9(水) 千葉大学学内戦 IN 千葉大学西千葉キャンパス内人工芝グラウンド

試合結果

2017/8/6(日)~9(水) 千葉大学学内戦 IN 千葉大学西千葉キャンパス内人工芝グラウンド
決勝トーナメント
IMG


5位決定トーナメント
IMG


9位決定トーナメント
IMG


第1グループ
  チーム名 勝点 得点 失点 得失点差 順位
FORZZA A  
3-0

4-1
2 0 0 6 7 1 +6 1
サッカー同好会 D
0-3
 
4-0
1 0 1 3 4 3 +1 2
TRABESSO B
1-4

0-4
  0 0 2 0 1 8 -7 3
第2グループ
  チーム名 勝点 得点 失点 得失点差 順位
サッカー同好会 C  
2-0

3-0
2 0 0 6 5 0 +5 1
falcon kick
0-2
 
3-0
1 0 1 3 3 2 +1 2
NAOTO A
0-3

0-3
  0 0 2 0 0 6 -6 3
第3グループ
  チーム名 勝点 得点 失点 得失点差 順位
サッカー同好会 B  
0-3

0-2
0 0 2 0 0 5 -5 3
TRABESSO A
3-0
 
1-0
2 0 0 6 4 0 +4 1
NAOTO B
2-0

0-1
  1 0 1 3 2 1 +1 2
第4グループ
  チーム名 勝点 得点 失点 得失点差 順位
サッカー同好会 A  
2-2

1-1
0 2 0 2 3 3 0 2
TRABESSO C
2-2
 
1-2
0 1 1 1 3 4 -1 3
FORZZA B
1-1

2-1
  1 1 0 4 3 2 +1 1
優勝
FORZZA A
【コメント】
昨年は優勝できなかったので、
とても嬉しいです!
準優勝
TRABESSO A
MVP
36信太祐希(FORZZA A)
得点王
55後藤拓也(FORZZA A)
決勝総評
TRABESSO A VS FORZZA A
37℃の炎天下の中の千葉大学学内戦決勝戦。
前半4分TRABESSO 9番が裏へ抜け出しシュート惜しくも枠をとらえることが出来ない。どちらも1歩も譲らぬ戦いは前半7分に動きだす。
FORZZA 32番の裏への絶妙なスルーパスに抜け出した27番がゴール!左すみに流し込み待望の先制点!
9分TRABESSO 10番と9番の中央でのワンツーから最後は9番がゴール右隅へシュート!しかしゴール右へ流れて得点ならず。
11分 TRABESSO 25m付近で直接フリーキックのチャンス、25番が直接シュート、
壁の上を越えて弧を描くよに落ちたシュートだったがキーパーにセーブされる。
このまま給水タイムへ。給水タイム後は硬直状態が続く。
FORZZA 24番と22番が右サイドでドリブルを仕掛けクロスをあげ徐々に自分たちのペースに持っていく。
20分 FORZZA 24番のクロスのクリアを27番がペナルティーエリア外からダイレクトボレーシュートを放つ。しかしゴール左に流れノーゴール。
22分 TRABESSO 左サイド9番のスルーパスで7番が抜け出してシュート、しかしFORZZAのディフェンダーが滑り込んで防ぐ。
ジョン・テリーのようなとても気迫溢れるプレー。
24分 FORZZA 55番が裏へ抜け出してシュートを放つ。しかしTRABESSO 3番がピッタリくっつきディフェンスをしコースを限定して
キーパーの守りやすい状況を作り出すファインプレー!シュートはキーパー正面へ転がった。
TRABESSOがリードを許したまま前半を折り返す。
<後半>
4分TRABESSO 40mの直接フリーキック、中のプレーヤーには合わず惜しくも直接キーパーの手の中へ
5分TRABESSO 左サイドから8番がカットインをし鋭いシュートを放つ。これもバーの上へ。
後半はTRABESSOペースで試合が進む。
8分TRABESSO の右サイド30mの直接フリーキック、左足で25番が巻きぎみでシュータリング。これをキーパーに弾かれる。
その後のコーナーキック。25番がコーナーキックを直接狙う。しかしこれはキーパーが間一髪左手1本でセーブ。
デヘアを彷彿とさせるようなダイナミックなセーブであった。拮抗した戦いが給水タイムに入る。
給水タイム後もTRABESSOペースで試合が進む。
17分FORZZAがTRABESSOディフェンスの一瞬の隙をついて裏へ抜け出しシュート、しかしこれもキーパーにセーブされる。
19分TRABESSO 中央で8番9番と繋ぎ最後は左サイドにいた10番がシュート、しかし決まらず。
22分FORZZAに待望の追加点が生まれる。35番が浮き玉をキープし裏のスペースへ走り込んだ55番にイニエスタのような絶妙なスルーパス。
これを55番がキーパーを良くみて交わしゴールへ流し込み追加点!
灼熱の千葉大学学内戦4日間を勝ち抜いたのはFORZZA Aであった。
この灼熱の千葉大学予選を勝ち抜いたFORZZA Aの本大会での活躍に期待がかかる。


  • アットホームカップ
  • アットホームカップ
  • F5WC
  • 一般財団法人 全日本大学サッカー連盟
  • JFAフットサルエンジョイ大会 ENJOY5
  • スポーツマネジメント