ニュース

2018年03月20日 早稲田大学 At-m@rk

3年ぶり4度目の出場。本大会でもダークホースとなれるか。

取材:岸本知奈実(早稲田大学HUMAN FC)
早稲田大学 At-m@rk

先日行われた早稲田大学学内戦でいくつもの強豪と言われるチームを倒し、見事優勝したアットマーク。
まだあまり知られていない彼らのサークルの様子をインタビューさせていただいた。

―アットマークのチームの紹介をお願いします。

アットマークは早稲田大学所沢キャンパスにある学部の学生を中心に構成されているサッカーサークルです。
とにかく楽しいことが大好きなサークルで常に明るい、面白いサークルです。 

―普段の練習の雰囲気を教えてください。。

サークルには初心者の子も多くいるので、経験者はもちろん、初心者の子も一緒に日々練習を行っています。
練習に厳しさはなく、常に楽しく練習しています。

―1年間のイベントや合宿について教えてください。

年4回の合宿に加え、1、2年生は学年合宿、さらにキャンプやクリスマスパーティーなど1年間のイベントは多く、
プレーヤーもマネージャーも年間を通して楽しめています。

―学内戦の感想を教えてください。。

正直ここまで来れると思っていなかったので驚いています。
本当に全員が頑張ってくれたおかげで優勝することができたので、チームへの感謝の気持ちと優勝できたことへの嬉しさでいっぱいです。

―優勝の秘訣は何でしたか。

1戦1戦チャレンジャーの気持ちで大切に戦ったことだと思います。そしてなんといってもディフェンス陣が頑張ってくれたことだと思います。

―チームの強みや特徴を教えてください

全員で走って、全員で守備をして、一点を守りきる、手堅いサッカーをして勝つのがアットマーク最大の強みであり僕たちの戦い方だと思います。

—本大会への意気込み

正直出場できるだけで嬉しいです。そして決しておごることなく、したたかに戦って旋風を巻き起こしたいです!

―本大会の予想フォーメーションを教えてください。

―代表プロフィール

代表:田嶋優也(都立三鷹)