トップ  >  ニュース  >  2018年4月6日(金) 上智大学 FUN-ta-SISTERインタビュー記事更新

ニュース

2018年4月6日(金) 上智大学 FUN-ta-SISTERインタビュー記事更新
学内戦三連覇を果たしたファンタ、強さの秘訣に迫る
取材:田中麻衣(早稲田大学 HUMAN FC)



上智大学学内戦を見事制し、三年連続で本大会出場権を獲得したFUN-ta-SISTER/A(以下:ファンタ)。
今回は代表の上正原真人に本大会に向けての熱い想いを取材した。
−まずファンタのチーム紹介をお願いします。
ヌフフーンとしたサークルですが試合になるとスイッチが入ります。雰囲気はアットホームなサークルです。アットホームカップにぴったりですね。


−学内戦に臨んだ時の気持ちを教えてくだい。
三連覇がかかっていたのでみんな気合いが入っていて、学内戦前の練習はバッチバッチでした。


−学内戦を振り返ってみていかがですか。
ひとまず三連覇という大きな目標が達成できて安心しています。決勝がファンタ同士になってサークル全体の力が上がって来たのを実感しました。



−練習内容を教えてください。
週二回、学校横の土グラウンドで一時間半練習しています。小さいコートでゲーム形式の練習なので、狭い局面を速いパスサッカーで打開する力を磨いています。


−ファンタの魅力を教えてください。
居心地の良さです。


−ファンタで本大会の注目選手を紹介してください!
本大会での注目選手は背番号1の矢治拓弥です。肩が外れなければ文句なしのキーパーです!





−最後に本大会への意気込みをどうぞ!
去年はあと少しのところで決勝トーナメントに行けなかったので、今年は謙虚に、優勝を狙います!


―本大会の予想フォーメーションを教えてください。

 

藤生

石井        土屋

上正原

笠原      三須

相原    藤井      小林    寺川

矢治


取材をしていて代表の本大会に向けての熱い想いが非常に伝わってきた。ファンタの本大会での熱い戦いに注目していきたい。
―代表プロフィール
上正原真人




  • アットホームカップ
  • アットホームカップ
  • F5WC
  • 一般財団法人 全日本大学サッカー連盟
  • JFAフットサルエンジョイ大会 ENJOY5
  • スポーツマネジメント